痔の治療には健康管理が大切

こんな時に痔になりやすい

◎痔核(いぼ痔)

●大敵は便秘
人間の直腸肛門部には静脈が網の目のようにたくさん集まっています。この部分は、元来血液の循環が悪く、静脈血がたまりやすいところです。そこへもって、なかなか便が出ない時、私達は自然にいきみます。その結果、血管に血液が充満 してきて広がります。毎日これが繰り返されると、しまいには血管が膨らみっぱなしになって、元に戻らなくなるわけです。これがいぼ痔です。

●下痢が続いた場合にも
便秘とは反対に、下痢が続いて肛門部の刺激が敏感になることもよくありません。
粘膜面に軽い炎症や充血が起こります。これを繰り返しているうちに、次第にうっ血がひどくなって、ついにはいぼ痔が発生してしまうことがあります。
便秘・下痢以外に、うっ血をきたし、痔になりやすい原因としては主に次のようなことがあげられます。

  • 長時間の座業
  • 腹圧が常にかかるような仕事・スポーツ
  • 妊娠・出産
  • 腰部の冷え
  • 刺激性食品の摂り過ぎ

◎痔烈(切れ痔)

切れ痔の原因は硬い便です。これを排出する時に、肛門の出口あたりが切れてしまうのです。

◎脱肛(ぬけ痔)

肛門は腸管の最終部分ですが、虚弱な体質の人は内臓全体が下垂し、肛門部が外部に抜け出ることがあります。これが脱肛です。分娩、便秘、長時間の運転等が引き金となって起こります。

◎痔ろう(あな痔)

痔ろうは便の中の細菌が原因です。細菌は、菌状線のデコボコのくぼみから入り込みます。正常な便はここを素通りしてゆくのですが、下痢便や水便の場合、ヒョイと入り込んでしまうことがあるのです。

PAGE TOP